『介護職でガンバル!ための介護職専門の求人情報サイト』
【かいごのひと】

ログイン

介護用語集【か行】

名称 解説
臥位(がい) 横になった状態のこと。横向きの「側臥位」、仰向けの「仰臥位」、うつぶせの「腹臥位」があります。エネルギーの消耗が最も少ない姿勢ともいわれます。
介護 介助と同じく、介護を必要とする人に対し、具体的に助ける一連のサービス。
介護アテンドサ-ビス士 介護技術の向上や社会的地位の向上を目的に創設された労働省認定の公的資格です。業務内容は、医療機関や福祉施設における介護が必要とされる人に対して入浴 ・ 排泄 ・ 食事等の介護、援助を行うものです
介護移住 市区町村ごとに介護サービスの内容に格差があるため、より良い介護サービスを求めて介護サービスがより充実したところに転居すること。
介護一時金 介護保険給付では賄いきれないサービスを提供するための、人員過配置に相当する費用負担分にあたります。多くが公的介護保険の要介護度1以上、介護年金は要介護度2以上から支給されます。
介護うつ(かいごうつ)  家族を介護するストレスが原因で起こる「うつ病」。厚生労働省の調べ(2005年)では、およそ4人に1人が「うつ状態」にあるという報告があります。
介護栄養食事指導 厚生労働大臣が定める特別食を必要とするものに対して、医師の指示に基づき管理栄養士が具体的な献立にしたがって指導を行うことです。
介護機器 高齢者の方やハンディキャップのある方が、日常生活のさまざまな事柄を、可能な限り自分でできるように支援したり、介護をより快適に行えるようにサポートする機器や用具、用品のことです。 
介護休暇制度 介護休業制度ともいい、自分の家族の介護のために仕事を休むことのできる制度です。一定期間、無給または有給で、休業しても復帰できる制度です。
介護休業 2週間以上の長期にわたり常時介護を必要とする状態にある家族を介護するために、連続する3月を限度とする休業を取ることができます。
介護休業給付(かいごきゅうぎょうきゅうふ) 要介護の人がいる家庭で、家族が会社を一定期間休むことができる制度のことです。全ての企業に導入が義務付けられています。
介護休業給付制度 「介護休業給付制度」は、家族の介護を行う一般被保険者に対し、介護休業を取得しやすくし、その後の円滑な職場復帰を援助、促進することにより、介護をする労働者が職業生活を継続できるよう、給付金を支給するものです。
介護休業制度 介護を必要とする家族(配偶者、父母、子、配偶者の父母など) のいる労働者が、介護するために一定期間仕事を休業できる制度で、男女に関係なく請求できます。
介護給付(かいごきゅうふ)  介護保険から支払われる給付。要介護度1から5と認定された被保険者に対して支給されます。要支援者には予防給付が支給されます。
介護給付適正化推進運動 介護給付費の抑制を目指し、2003年度から厚生労働省によって行われました。介護給付費が膨張するなか、不適切・不正な介護サービスを防止することを目的としており、介護サービスは利用者の自立支援に役立っているか、必要以上のサービス提供はないかを判断します。
介護給付費交付金 介護保険制度において、全国の医療保険者から集めた納付金を財源として、支払基金が各市町村の特別会計に対して支払う介護保険の対象となる給付に要する費用
介護記録(かいごきろく)  介護サービス利用者の情報を、介護者や医療関係者などが共有するための資料です。介護計画を実施するための貴重なデータになります。
介護サービス 介護保険における要介護認定を受けた要支援、要介護者に提供される介護のサービスのこと。
介護サービス苦情処理委員会 中立的な立場で苦情の対応を行っている組織で、学識経験者などで構成されています。サービスを提供している介護サービス事業者に苦情を訴えても改善されない場合、事業者の調査・指導を行います。この結果特に悪質な事業者に関しては、介護保険指定事業者の取り消しをすることもあります。
介護サービス計画(かいごさーびすけいかく) 介護サービスを利用する人に対して、それぞれに適切なサービス内容や頻度を決めていくこと。ケアプランともいいます。
介護サービス事業者(かいごさーびすじぎょうしゃ) 訪問介護などの在宅サービス事業者、介護保険施設を運営する事業者のことです。事業者は都道府県などから指定を受ける必要があります。
介護サービス情報の公表 利用者が適切に介護サービスを選択することができるよう、すべての介護サービス事業者にサービス内容や運営状況等に関する情報の公開を義務づける制度。
介護支援サービス →ケアマネジメント
介護支援専門員(かいごしえんせんもんいん)  ケアマネジャーのことです。
介護支援相談(かいごしえんそうだん)  介護に関する専門的な知識や技術を持ち、介護サービスの内容などの相談を受ける事業のことです。 地域包括支援センターなどで受け付けています。
介護車(かいごしゃ) 車いすから降りずに、そのまま乗ることができる自動車のことです。 車いすそのもののことを指す場合もあります。
介護者家族の会 社会福祉協議会などが後援している、介護者のための集会のことです。一人では解決できなかった問題も、介護者同士(先輩・仲間など)で悩みや情報を共有することで解決につながっていきます。介護者が問題を一人で抱えずこのように相談をすることで、介護される側にとってもよい影響があると考えられています。
介護職員 介護が必要な方に対して介護サービスに従事する方全般を指します。必要な資格はありませんが、多くの場合、介護福祉士、社会福祉士、ホームヘルパー等の介護・福祉関連の資格所持者となっています。
介護食品(かいごしょくひん)  普通の食品より、やわらかく、飲み込みやすく工夫された食品のことです。噛む力や飲み込む力の弱った高齢者のために開発されています。
介護倒れ 介護者が介護労働で過労状態やノイローゼに陥ってしまい、体調を崩してしまうことを言います。主に介護を担っているのが高齢者や女性であることが、このような問題が起きる大きな一因であると考えられています。 
介護タクシー(かいごたくしー)  ホームヘルパーなどの資格をもつ運転手がリフト付きなどの車両を運転し、介護者の乗降を介助するサービスです。
 移動費用は実費が必要になります。タクシー会社などの事業者は訪問介護事業者の指定を受ける必要があります。
介護付き有料老人ホーム 介護や食事等のサービスが付いた高齢者向けの居住施設です。
介護付有料老人ホーム(一般型特定施設入居者生活介護) ・介護等のサービスが付いた高齢者向けの居住施設です。・介護が必要となっても、当該有料老人ホームが提供する特定施設入居者生活介護を利用しながら、当該有料老人ホームの居室で生活を継続することが可能です。(介護サービスは有料老人ホームの職員が提供します。)
介護付有料老人ホーム(外部サービス利用型特定施設入居者生活介護) ・介護等のサービスが付いた高齢者向けの居住施設です。・介護が必要となっても、当該有料老人ホームが提供する特定施設入居者生活介護を利用しながら当該有料老人ホームの居室で生活を継続することが可能です。(有料老人ホームの職員が安否確認や計画作成等を実施し、介護サービスは委託先の介護サービス事業所が提供します。)
介護付老人ホーム  介護状態に合わせて介護保険サービスが付いている施設で介護をお願いできます。介護付き老人ホームは、有料老人ホーム、軽費老人ホーム、適合高齢者専用賃貸住宅に分けられ、またそれぞれに外部サービス利用型、地域密着型があります。
介護度 介護の必要性を7段階に分類 。
介護認定審査会 各市町村に設置された機関で、要介護・要支援認定の審査、判定を行い、結果を市町村に通知します。委員は、保険・医療・福祉の学識経験者で構成されています。
介護認定調査員 介護保険の要介護認定(要支援の認定を含む)を申請している被保険者宅を訪問し、一次判定に必要な調査票と特記事項の記入をする面接調査員のことを言います。
介護福祉士(かいごふくしし)  食事の世話、入浴、排泄などの介護や指導・支援を行う専門職のことです。社会福祉士及び介護福祉士法にもとづく国家資格で、専門の知識と技術をもって業務にあたっています。
介護扶助 生活保護を受けている低所得者が、介護保険を適用される時に介護保険から支給されるサービス給付のことです。 
介護ベッド(かいごべっど)  自動的に体位が変えられる「寝返り支援ベッド」や、寝た姿勢からベッドが回転し座った姿勢になる「自立支援ベッド」、背上げやひざ上げ機能がついた「介護支援ベッド」など、介護がしやすい機能が付いたベッドのことをいいます。
介護報酬(かいごほうしゅう)  指定を受けた介護保険施設やサービス事業者が、利用者に介護サービスを行なった対価として受け取る報酬のことです。
介護保険(かいごほけん)  2000年から定められた強制加入保険。介護が必要な高齢者に、介護サービスを円滑に行なうために設けられています。
介護保険給付 介護サービス利用料の9割が介護保険から給付されます。
介護保険給付及び利用者負担分による収入によって賄えない額に充当するものとしての合理的な積算根拠 人員配置手厚い費を計算している合理的な理由の有無です。
介護保険事業計画(かいごほけんじぎょうけいかく) 都道府県や市町村が、介護保険制度の基盤を整備し、サービスを提供する体制を充実させるために策定する計画のことです。
介護保険施設 介護保険サービスで利用できる、介護保険法に基づき都道府県知事の指定を受けた施設。
介護保険事務 「介護保険請求事務」や「ケアクラーク」とも呼ばれ、利用者と市町村それぞれに介護報酬の請求を行います。現在、介護保険事務には民間の団体が認定する資格が多くありますが、資格の名称が変わっても基本スキルに大きな違いはありません。
介護保険者 介護保険を運営する、被保険者の住所を所轄する市町村を指す。
介護保険審査会 各都道府県に設置され、介護保険に関する不服申立てを審査する第三者機関です。
介護保険制度(かいごほけんせいど)  介護が必要な高齢者が安心して暮らすために、公的な介護サービスを提供する社会保険制度。
 2000年に法律が施行され、2006年に改正法が全面的に実施されました。
介護保険法第71条に規定するみなし指定 介護保険法ではなく、他の法律や規定による指定を受けており、介護保険サービスを提供出来ます。健康保険法、特定承認保険医療機関の承認を受けている病院・クリニックによる訪問看護はこれに該当します。
介護保険単価 介護保険で提供される各種サービスの単価のことです。サービスによって、時間単位であるものや、日単位であるものがあります。
介護保険被保険者 介護保険制度の財源となる保険料を毎月納める、40歳以上の国民。(40~64歳までの医療保険加入者、65歳以上の方)
介護保険被保険者証 介護保険の被保険者であることを証明する書類のこと。介護保険サービスを利用する際に用いられることが多い。
介護保険法 介護が必要になった方に保健医療サービスや福祉サービスに関する給付を行うために、1997年(平成9年)12月17日に公布、2000年(平成12年)4月1日に施行された法律。
介護保険料 介護保険制度の財源となる、介護被保険者が毎月納める保険料。
介護マンション バリアフリー構造やヘルパーステーションを併設し、軽度の介護に対応したマンション。
介護マンパワー  ホームヘルパー等の要介護者に対し専門的知識と技術をもって相談指導を行ったり、食事・排泄・入浴等の介護サービスを行う人々を言います。
介護問題ホットライン  高齢者福祉全般に関する市民の声を聞くことを目的とした電話相談です。
介護予防 高齢者ができる限り自立した生活ができるよう、要介護状態になっても、少しでも状態を改善できるようにすること。
介護予防ケアプラン 介護予防のためのケアプランです。
介護予防サービス  介護予防訪問介護、介護予防訪問入浴介護、介護予防訪問看護、介護予防訪問リハビリテーション、介護予防居宅療養管理指導、介護予防通所介護、介護予防通所リハビリテーション、介護予防短期入所生活介護、介護予防短期入所療養介護、介護予防特定施設入居者生活介護、介護予防福祉用具貸与及び特定介護予防福祉用具販売がこれにあたります。
介護予防支援 居宅要支援者が介護予防サービス等の適切な利用ができるよう、地域包括支援センターの職員のうち厚生労働省令で定める者が介護予防サービス計画や事業者等と連絡調整等を行うこととされています。
介護予防住宅改修費 居宅要支援被保険者が現に居住する住宅について、手すりの取り付けなど定められた種類の住宅改修を行い、 市町村が必要と認める場合に支給される予防給付。その額は、実際に改修に要した費用の額の9割とされている。
介護予防小規模多機能型居宅介護 利用者のニーズに合わせたサービスを行う拠点です。デイサービスを中心とし、利用者の必要性に応じてデイサービスの時間を延長したり、家庭を訪問してホームヘルプサービスを行ったり、またショートステイも行うことができます。
介護予防短期入所生活介護 老人短期入所施設にて、介護予防を目的として入浴、排せつ、食事等の介護その他の日常生活上の支援及び機能訓練を行います。
介護予防短期入所療養介護 介護老人保健施設や介護療養型医療施設に短期間宿泊する利用者に、介護予防を目的として看護・医学的管理の下における介護及び機能訓練、必要な医療、日常生活上の支援を行います。
介護予防特定施設入居者生活介護  特定施設(有料老人ほーむなど)に入居している利用者に、介護予防を目的として、入浴、排せつ、食事等の介護その他の日常生活上の支援や機能訓練及、療養上の世話を行います。
介護予防認知症対応型共同生活介護  グループホームなどの共同生活施設において、認知症(痴ほう症)の高齢者が介護予防を目的として、入浴、排せつ、食事等の介護その他の日常生活上の支援及び機能訓練を行います。
介護予防認知症対応型通所介護 デイサービス施設において、認知症(痴ほう症)の高齢者が介護予防を目的として、入浴、排せつ、食事等の介護その他の日常生活上の支援及び機能訓練を行います。
介護予防訪問看護 主治医が治療を必要と判断した利用者の自宅において、介護予防を目的として、医師や看護師が療養上の世話や必要な診療を行います。
介護予防訪問リハビリテーション  居宅要支援者に、介護予防を目的としてその者の家で厚生労働省令で定める期間にわたり行われる理学療法、作業療法その他必要なリハビリテーションのことです。
介護予防マネジメント事業 要介護者及び要支援者以外の被保険者を対象として介護予防サービスのマネジメントを行います。
介護利用型軽費老人ホーム(ケアハウス) 食事や入浴を手伝ってもらいながら自立した生活を続けることができるよう、構造・設備を工夫された軽費老人ホームのひとつ。
介護療養型医療施設(かいごりょうようがたいりょうしせつ)  急性疾患にかかった人がリハビリなどで長期の療養が必要なときに入所する施設です。
 医師の管理のもと機能訓練のほか、介護サービスや看護が受けられます。
介護力強化病院 医療法上の特例許可老人病棟で(入院患者に占める65歳以上の老人慢性疾患患者が60% 以上で、なおかつ一般の長期療養患者との合計が70%以上)介護職員の重点配置等の施設基準を満たしている病院をさします。 (介護力強化病院は、介護保険の施行日から3年以内に介護療養型病床群の指定の対象となる予定です)
介護老人福祉施設(かいごろうじんふくししせつ)  在宅で介護が難しい人が入所し、日常生活の世話や介護を受けられる施設です。
 主に特別養護老人ホームが指定を受け、サービスを提供しています。
介護老人保険施設(かいごろうじんほけんしせつ)  比較的症状が安定した要介護者のための施設です。自宅での生活と自立に向け、医師の管理のもと機能訓練や介護を受けられます。
介助 介護と同じく、介護を必要とする人に対し、具体的に助ける一連のサービス。
介助犬(かいじょけん)  身体障害者の歩行支援など、日常生活の介助をする犬のことです。
介助式車いす(かいじょしきくるまいす)  車いすの後ろから介助者が押すなど、移動の操作を介助者が行ないます。後輪が小さく小回りが効きます。
介助ベルト(かいじょべると)  要介護者の腰に巻くベルトのことです。
 介護者がベルトを持って歩行や移動、入浴などをサポートします。介護者の負担をやわらげ、腰痛防止に役立ちます。
疥癬 ヒゼンダニの感染により生じる皮膚疾患。指の間や側面、関節などに湿疹が生じ、激しい痒みを伴う。寝具、入浴などを介して感染する。
回想法(かいそうほう) 高齢者が、過去の体験を思い出して自分を見つめ直す心理療法です。情緒の安定や、意欲の向上などが期待できます。
階段昇降機(かいだんしょうこうき)  足腰が弱った人など、階段の昇り降りが困難な人のための移動機器です。
 階段の壁に設置したレールの上をいす型の機器が移動します。いすに腰かけたまま昇り降りできます。
ガイドヘルパー 知的障害者や重度の視覚障害者、重度脳性マヒの人が外出する際にサポートするヘルパーのことです。
外部サービス利用型
特定施設入居者生活介護
特定施設入居者生活介護におけるサービス類型の一種。
開放病棟(かいほうびょうとう) 入院患者などが自由に出入りできるように、行き来できる病棟のことです。日中は通常施錠していません。
カウンセラー 個人のさまざまな問題を聴き、相談・助言を行う専門家のことです。
カウンセリング 言語的および非言語的コミュニケーションを通じて、心理的な問題を抱えているクライアントの問題解決を図ることです。 
かかりつけ医(かかりつけ医) ホームドクターとも呼ばれます。普段からかかっている医師のことです。日常的に診察しているので、患者の症状をよく理解し、異変があれば早く気づけるなどのメリットがあります。
かかりつけ薬局 どの病院や診療所で処方箋をもらっても、必ずそこで薬の調剤を受けると決めた薬局のことで、どの薬局を利用するかは利用者が自由に決めることができます。
核家族(かくかぞく) 夫婦のみや、夫婦と未婚の子どもなどで構成される家族のこと。介護に際しては、核家族化の進展によって、家族の援助が少なくなっています。
学習療法 対象者とスタッフがコミュニケーションを図りながら、音読と計算を中心とする教材を用いた学習を行うことにより、対象者の認知機能やコミュニケーション機能、身辺自立機能などの回復を図る治療法。
学習療法研修会 学習療法の理論によって、老人性認知症の症状克服に向けた新しい提案を行っています。
学習療法士 音読と計算を中心とする教材を用いた学習を、学習者とコミュニケーションを取りながら専門に行う者のことです。
喀痰(かくたん) せきと一緒に出てくる痰のことです。
 気管から肺の分泌物。吸引器を使って吸い取ることもできます。
隔離(かくり) 伝染病患者や精神障害者、高齢者などを他の人から引き離し、専用の施設に収容することをいいます。
解離性障害(かくりせいしょうがい) 記憶や意識、知覚など、通常は統合されている機能が分裂する病気のことです。強い情動体験が原因とされています。
下肢(かし) 身体の部位の総称。股関節から足までを指します。
家事援助 身体介護以外の訪問介護における、掃除・洗濯・調理などの日常生活の援助を言います。
臥床(がしょう) ベッドや布団などの寝具の上に横たわることをいいます。
仮性認知症(かせいにんちしょう) 軽い意識障害や、うつ病など、認知症のような症状がみられる状態のことです。認知症に間違われやすい症状です。
家政婦 個人または寄宿舎など一部の施設で家事全般の手伝い、あるいは在宅の虚弱や寝たきり、痴呆性高齢者、身体障害者、知的障害者などの世話をする者のことです。
片麻痺 脳出血、脳梗塞などの脳血管障害により、脳の運動を司る部分が損傷することで、身体の片側半分が麻痺し、動けなくなることを指す。
喀血(かっけつ) 気管支炎や咽頭炎、異物の吸引などが原因で気道が出血し、激しいせきとともに泡の混じった鮮紅色の血液を吐き出すことです。
家庭介護(かていかいご)  家庭のなかで高齢者や障害者を介護することです。家族の負担が大きいので、ホームヘルパーの派遣などでサポートする必要があります。
カテーテル 薬を体内に入れたり、血液や体液を外に出したりするときに用いる細い管のことです。
カルシウム拮抗薬(かるしうむきっこうやく) 狭心症や高血圧などの患者に用いる薬です。血液を拡張し、心臓の収縮力を低下させ、血圧を下げる効果があります。
加齢(かれい) 年齢を重ねること。年をとることをいいます。加齢による変化は、心の変化と身体の変化があります。心の変化には弱気になったり、逆に強気になったりすることがあります。身体の変化には、視覚聴覚などの低下など、さまざまな機能低下が見られるようになります。
眼圧(がんあつ) 眼球の中の圧力をいいます。眼圧が上昇する病気が緑内障です。
簡易型電動車いす 手動車いすのフレームをそのまま利用し、左右後輪をモーター組み込み型の車輪に交換して電動車いすとして使えるようにしたもののことです。
簡易手すり  立ち上がりや座る時の動作を助ける手すりで、浴室やトイレなどに設置されます。 
簡易浴槽(かんいよくそう)  エアポンプでふくらませるビニール製や、折りたたみ式ポータブルタイプの浴槽のことです。持ち運びに便利で、ベッドの近くで簡単に浴槽の形にし、寝たままの姿勢で入浴させることができます。
肝炎 肝臓に炎症が起こり、発熱、黄疸、全身倦怠感などの症状が現れる疾患の総称。
寛解(かんかい) 病気の症状がある程度まで改善された状態をいいます。がんでは治癒ではなく「寛解」を使います。また、統合失調症では病状が停止し消滅したように見える状態を指します。
感覚失語 主として言語の了解面が侵される失語のことです。言語は表出されるものの、高度になると意味のわからない音を羅列するようになります。 本人は間違った話し方をしているという自覚がなく、語音の把握と語義の把握がともに悪化するために、他者の話も理解できなくなります。 
緩下剤(かんげざい) 緩やかに効く下剤のことです。夜に適量を飲むと、翌朝の朝食後に便意をもよおすなど自然な便通につながります。
看護(かんご)  けがや病気の回復、健康づくりや病気の予防などをサポートすることです。
看護計画(かんごけいかく)  患者の日常生活や問題点を把握し、一人ひとりに合った目標をたて、実際の介護の方法などを考えた計画のことです。
喚語困難 言いたいことははっきりしているのに、言葉がでてこない状態のこと。固有名詞、特に人の名前を思い出そうとするときや、物や事柄を表す普通の名詞、名詞以外の言葉でも起こります。 
看護要員 看護を行うために必要な人員のことで、保健師、助産師、看護師、准看護師、看護業務補助者がこれにあたります。
関節可動域(かんせつかどういき) 関節を動かすことができる範囲のことです。高齢者は可能範囲が狭いことが多く、衣服の着脱がしにくいことがあります。
関節リウマチ(かんせつりうまち) 関節を構成する滑膜に炎症が起こる病気です。女性に多いといわれています。初期には、朝に手のこわばりが現われ、次第に関節の変形が進んでいきます。
感染予防 病原体が体内に侵入して増殖するのを防ぐために、感染源となる血液、便、痰、汚染された食品や水、病気になった人、動物などとの接触を絶つことです。
患側(かんそく) 片マヒなどの障害がある方を指します。
カンファレンス 介護サービスの現場では、医師やケアマネージャー、サービス事業者などの援助者が集まる会議のことをいいます。
 ときには要介護本人や家族が参加することもあります。
 この会議では要介護者本人の状態の変化や問題点を検討します。
管理栄養士 カロリーや成分を考慮し、食事の管理や指導を行う専門家。
緩和ケア(かんわけあ) 患者の苦痛を取り除き、QOLを高めることを目的としたケアの方法。末期がん患者などに持ち入れます。
キーパーソン 要介護者のサポート方針などを決める重要人物のことです。
 家族や親族の中で介護の中心的な役割を果たす人のことをいいます。
記憶減退(きおくげんたい) 記憶が思い出せなくなること。記憶障害のひとつで、健忘も含まれます。
記憶障害(きおくしょうがい) 記憶機能が適切に働かなくなる状態のことです。高齢者に多い「記憶内容の障害」や、新しいことが憶えられない「記銘障害」があります。
機械浴 寝たきりや車椅子を使用する人が、必要とする構造を備えた入浴機械を利用する入浴。
基幹型在宅介護支援センター 基本的な事業として、(1)地域型支援センターの総括、支援、(2)介護予防・生活支援サービスの総合調整、(3)介護サービス機関の指導支援を行っています。原則的には市町村に一箇所の設置です。
気管支喘息(きかんしぜんそく) 吐く息がヒューヒューとなる症状が特徴です。気道の炎症により、気管支が発作的に収縮して呼吸困難を起こす疾患です。アレルギー型と非アレルギー型があります。
気管切開 意識障害や呼吸障害、腫瘍、炎症により、上部気道の閉塞を起こした場合、行われる気管の開口手術。
気管挿管(きかんそうかん) 鼻や口からチューブを挿入し、呼吸困難の患者の気道を確保することです。
起座(きざ) 仰向けで寝ている状態(仰臥位)から、上半身を起こして座ることです。
起座位(きざい) 起座呼吸体位ともいわれ、座位より少し前かがみになった体位で、オーバーテーブルや机などに枕をおいて、寄り掛かりやすくした姿勢。両腕を広げることにより胸腔が広がり心臓疾患や呼吸器疾患で、呼吸困難を起こす利用者に用いられる。
きざみ食 疾病や加齢により、嚥下能力が低下した人に、食べやすいよう普通食や軟食をきざんで供する食事のこと。
義肢装具士 医師の処方のもとに、義手や義足などの義肢装具を製作し、手足を失った人の身体に適合させるという高度な専門技術を持った国家免許有資格者。
基準該当(居宅)サービス 指定居宅サービスを提供する事業者の指定基準は満たしていないものの、これに相当する基準を満たす事業者によって提供される居宅サービスのことです。
基準該当事業者 市区町村の判断により保険対象と認めた場合に、その市区町村の範囲内において取扱いの効力を持つ介護サービス等を行う事業者の事をいいます。サービス利用料の支払いについては、一度利用者が全額負担しそのうちの9割相当を利用者が保険者である区市町村に請求する償還払いとなっています。 
標準負担額 介護保険施設において食事の提供を受けた場合に支払う1日当たり定額の自己負担額をさしている。
基礎代謝量(きそたいしゃりょう) 人間が1日生活し、活動するために最低限必要なエネルギー量のことです。
基礎年金(きそねんきん) 国民年金制度に基づき定められた年金給付のことです。老齢基礎年金、障害基礎年金、遺族基礎年金の3種類があります。
気道確保(きどうかくほ) 空気が鼻や口から肺まで楽に通るように、気道のふさがった状態を除くことをいう。
機能・形態障害 脳卒中による麻痺など直接疾患から生じる障害の事である。
機能回復訓練 損なわれた身体機能を回復するために行う訓練。
機能訓練 疾病や負傷などによって心身の機能が低下したり減退したりしている者に、リハビリテ-ションなどを行ってその機能が回復するようにする訓練のことです。
機能障害 日常生活や社会生活上に困難をもたらす、心身そのものの障害の状態を言います。
記銘障害(きめいしょうがい) 記憶障害のひとつで、新しいことを憶えられないことを指します。
虐待 有形(物理的)・無形(心理的)の力を使って他者に苦痛や危害を与える行為、あるいは状況です。
ギャッジベッド 背上げ、膝上げ、高さ調整などが可能なベッド。
吸引器(きゅういんき) 自ら痰を吐き出すことが困難な人のために、分泌物や貯留物を吸引する装置のこと。
QOL クオリティー・オブ・ライフの略。生命、人生、生活の質を指す。
救護施設(きゅうごしせつ) 生活保護法に基づき定められた保護施設のことです。心身の障害で生活に支障がある人のために生活扶助を行います。
給食サービス(きゅうしょくさーびす)  障害者や高齢者への食事サービスのことです。通所施設で行う場合と、宅配の場合があります。
吸入器(きゅうにゅうき) ネブライザーともいいます。霧状にした薬品や水を直接鼻や口の中に噴霧し、気道に送り込むための医療器具です。
給付管理業務(きゅうふかんりぎょうむ) 居宅介護支援事業者や地域包括支援センターが、サービス利用実績の確認や、給付管理票、介護給付費明細の作成・提出などを行う管理業務のことです。
仰臥位(ぎょうがい) あおむけに横たわった状態、姿勢。背臥位ともいう。
共生(きょうせい) 個性や立場のちがう人々が、お互いを認め合い仲間意識を持って生きていくこと。社会福祉においては、健常者と障害者、高齢者などが共に生きていくことを表しています。
行政(ぎょうせい) 立法、司法以外の機能。行政の役割には国・都道府県・市区町村によってちがいます。保険・医療に関する国の機関は厚生労働省で、医療機関、保健所、医療保険などをつかさどっています。
 都道府県は、保健所・福祉事務所の設置などを担当しています。
 市区町村は、介護保険制度を運営し、介護保険の申請受付、保険料の徴収、介護の認定など幅広い役割を担っています。
行政型福祉オンブズマン 福祉サービスに関して第三者的にサービスを監視する役割を持つ人のことをオンブズマンと言い、中でも行政によって行われているもので、市民からの苦情を受け付け、その問題解決に取り組んでいる者のことです。
行政不服審査請求 行政庁の処分や公権力の行使にあたる行為について不服のある者が、行政機関に対し不服を申立てその違法・不当を審査させて、そのような行為の排除や是正を求めることです。
共有スペース 特定養護老人ホームなどの入所施設においては、個人の居室面積と共有スペースの面積などの基準が定められている。
虚血(きょけつ) 病気やケガなどで、血管が遮断または閉塞し、組織に酸素や栄養物質が行き渡らなくなることです。
虚血性心疾患(きょけつせいしんしっかん) 虚血性心疾患には、主に心筋梗塞と狭心症があります。冠動脈が硬化することによって心筋に血液が流れず、血液不足となって起こる疾患です。
虚弱高齢者 寝たきりといった全面的な介護が必要ではないが、日常生活の一部に介助を要する高齢者。
虚弱老人(きょじゃくろうじん) 寝たきりではないものの、何らかの障害があり、生活支援や介護が必要な高齢者のことです。また、特別な障害はないが、意欲の低下などで生活支援が必要な高齢者のことも指します。
居住空間 日常の住まいの場とそれを取り巻く庭などの環境。人間の日常生活が営まれる場所であり、それが安全で衛生的で快適であることが生活の充実にとって欠かせない条件である。
居宅介護 いわゆる在宅者への支援のことで、介護保険では保険給付のサービスを次の12種としています。(1)訪問介護、(2)訪問入浴介護、(3)訪問看護、(4)訪問リハビリテーション、(5)居宅療養管理指導、(6)通所介護(デイサービス)、(7)通所リハビリテーション(デイケア)、(8)短期入所生活介護(ショートステイ)、(9)短期入所療養介護(ショートステイ)、(10)痴呆対応型共同生活介護(グループホーム)、(11)特定施設入所者生活介護、(12)福祉用具貸与。
居宅介護(支援)サービス費支給限度基準額 居宅介護(支援)サービス費の支給に際して定められている限度額です。一定期間に受けた居宅サービスの保険給付総額が、居宅介護(支援)サービス費支給限度基準額の9割を超えてはならないとされています。
 限度基準額はサービス区分ごとに定められています。
居宅介護サービス計画費 要介護者が、居宅介護支援事業者から居宅介護支援を受けたときに支払われる保険給付。かかった費用の全額が給付されますので利用者の負担はありません。
居宅介護サービス費 在宅の要支援、要介護者が指定居宅サービス事業者が提供する指定居宅サービスを受けた際に、支給される費用。
居宅介護支援 介護保険サービスのひとつで、居宅の要介護者が、様々なサービスを適切に利用できるよう、支援すること。
居宅介護支援事業(きょたくかいごしえんじぎょう)  指定居宅介護支援事業者が、在宅の要介護者・要支援者、家族とサービス内容を相談のうえ、介護サービス計画(ケアプラン)を作成し、在宅サービス事業者との連絡調整などを行なうことです。
居宅介護支援事業者 要介護者や要支援者の、要介護認定の申請の代行、居宅サービス計画の作成、サービス事業者との連絡や調整などを行う居宅での介護を支援する事業者のことです。
居宅要支援被保険者  要介護認定を受けた被保険者のうち、居宅において介護を受ける者です。
居宅介護住宅改修費(きょたくかいごじゅうたくかいしゅうひ)  手すりの取り付けなど、在宅で生活しやすいように住宅を改修した場合、介護保険から助成される費用のことです。
居宅介護福祉用具購入費(きょたくかいごふくしようぐこうにゅうひ)  浴槽や便座など、レンタルに向かない福祉用具を購入した場合、介護保険から助成される費用のことです。
居宅サービス(きょたくさーびす)  訪問介護、訪問入浴介護、訪問看護、訪問リハビリテーション、通所介護、通所リハビリテーション、短期通所生活保護、短期通所療養介護、居宅療養管理指導、特定施設入居者生活介護、福祉用具貸与、居宅介護支援など。介護保険の在宅サービスのひとつを指します。
居宅サービス計画(きょたくさーびすけいかく)  在宅介護を支援するために立案されるケアプランです。
 利用者の状態や希望を考慮し、居宅支援事業者に属する介護支援専門員(ケアマネジャー)が、専門家の立場から作成します。
居宅サービス事業者(きょたくさーびすじぎょうしゃ)  訪問介護など、在宅サービスを行なう事業者のことです。
居宅支援サービス費(きょたくしえんさーびすひ)  指定居宅サービス事業者からサービスを受けた際に、在宅の要支援者に支給される費用のことです。利用者負担1割を除いた9割が支給されます。
居宅支援住宅改修費(きょたくしえんじゅうたくかいしゅうひ)  手すりの取り付けなど、在宅の要支援者のために住宅の改修を行なった場合に、介護保険から助成される費用です。
居宅支援福祉用具購入費(きょたくしえんふくしようぐこうにゅうひ)  浴槽や便座など、レンタルに向かない福祉用具を在宅の要支援者のために購入した場合、介護保険から助成される費用です。
居宅療養管理指導(きょたくりょうようかんりしどう)  通院できない利用者の家庭を医師などが訪問し、健康管理や専門の指導を行なうサービスです。
起立性低血圧(きりつせいていけつあつ) 臥位(寝た状態)から急に座位や立位になった時に、血圧が低下し、めまいや時には失神を生じる状態のこと。生活指導を含めた一般療法と薬物療法が基本となる。
筋萎縮(きんいしゅく) 筋肉を使わないでいたために廃用症候群などを起こし、筋肉がやせていくこと。筋萎縮性側索硬化症などの難病や脊髄・末梢神経の損傷によるものは除きます。
筋萎縮性側索硬化症 筋力が低下する進行性の難病で、原因は未だ明らかになっていません。厚生労働省の定める特定疾患に指定され、公的補助の対象となります。
禁忌(きんき) 病気や障害がある人が、してはいけないことです。ある病気で使用してはいけない薬は禁忌薬と呼びます。
緊急通報システム 緊急時に救急車や警備会社へ通報するシステム。
緊急通報装置 病弱なひとり暮らし等高齢者が緊急事態に陥ったとき、ボタンを押すだけで東京消防庁又は民間の緊急支援センターに通報され、24時間の安否確認、緊急対応を確保する装置のことです。
苦情処理 サービスに対する不満等を受け付け、解決を図ることです。法律ではその窓口として、サービスを提供する事業者、その事業者を紹介した介護支援専門員(ケアマネジャー)、介護保険の運営をしている市町村、各都道府県ごとにある国民健康保険団体連合会(国保連)の4つを定めています。
苦情申し立て(くじょうもうしたて) 利用したサービスの内容などについて苦情があるときは、市(区)町村などを通じて、都道府県団体連合会に申したてることができます。
区分変更 要介護状態区分を変更すること。状態が大きく変化した場合、被保険者は市町村に要介護状態区分の変更の認定申請を行うことができる。
クモ膜下出血(くもまくかしゅっけつ) 脳卒中のひとつです。突然、激しい頭痛と嘔吐に見舞われ意識障害を起こし、死に至るケースもあります。脳動脈瘤が破裂して起こることが多いといわれています。クモ膜下腔内に出血が起こり、脳脊髄液に血液が混じる状態です。
グランドホーム 有料老人ホームの愛称です。有料老人ホーム協会が設立20周年を期に愛称を全国から募集し決定しました。
クオリティオブライフ QOLとも呼びます。一人ひとりの生活や人生への充実度・満足度を高めるために行う医療や介護サービスのこと。医療においては、苦痛の少ない治療が中心となります。介護では在宅サービスを中心としたサービスといえます。
グループダイナミックス グループを動態的に理解していこうとする集団論です。小集団の関係やリーダーシップを観察することによって、メンバーの満足度やグループ目標の達成度などが分かる。
グループホーム 介護、援助を必要とする障害者が数人で居住する形態のことです。
グループホーム(認知症対応型共同生活介護) 要介護者であって認知症(痴呆)の状態にある高齢者で、寝たきりでなく、少人数による共同生活を営むことに支障がない人が、小人数(8人程度)で介護スタッフとともに共同生活を行い、食事・入浴・排泄などの日常生活の支援や機能訓練を受けるサービスです。家庭的な雰囲気の中で、認知症(痴呆)の症状の緩和をうながすことを目的としています。
車椅子 身体に障害を持ち、歩行による移動が困難な人のための補助具です。手で車輪を動かす手動式のものと、手動式の車椅子を使用することができない者の為の電動式の車椅子があります。身体障害者手帳を有するものは、補助具として車椅子または電動車椅子の交付を受けることができます。
クロックポジション 視覚障害者に対してものの位置を文字盤に例えて説明する方法で、時計の文字盤の数字の位置関係を言います。
ケア 他者や本人の自立を助けること、または支えることをその本質とします。
ケアカンファレンス 事例の援助過程において、的確な援助を行うために援助に携わる者が集まり、討議する会議のことです。
ケアカンファレンス(サービス担当者会議) ケアプランを作成するために、専門家が意見を述べる会議。
ケアサービス 訪問介護、デイサービス、ショートステイ、デイケア、施設サービスの総称です。身体や精神の障害のある人に、食事や入浴、排泄など、日常生活面の介助をすることです。
ケア付高齢者マンション 高齢者を対象にした、住居とケアサービスを提供する集合住宅。バリアフリー仕様や緊急通報装置などが付いている建物が多いが、重度の介護が必要な場合、退去を求められるところもある。
ケア付き住宅 主に高齢者を対象とした、住宅とケアサービスを提供する住宅。明確な規定はなく、介護度は重度になると退去を求められることも。
ケアハウス 介護利用型軽費老人ホーム。食事や入浴を手伝ってもらいながら、自立した日常生活を送れるよう、構造、設備が工夫された軽費老人ホームのひとつ。
ケアプラン 介護保険において、利用者の現状から導き出された課題や希望に合わせて作成されるサービスについての計画。
ケアマネージメント 保健、医療、福祉に関する多様なサービスが、対象者の状態や希望に合わせて効率的に提供されるようにすることで、対象者の社会生活上でのニーズを充足させるため、適切な社会資源と結び付ける手続きの総体、と定義付けられている。
ケアマネージャー 介護が必要な人の複数のニーズを満足させるために、適切な社会資源と結び付ける手続きを実施する者です。アセスメント、ケア計画作成、ケア計画実施での諸能力が必要とされます。
ケアマネジメント さまざまな医療や福祉のサービスを受けられるように調整し、計画をまとめることです。介護支援サービスと呼ぶこともあります。
ケアマネジャー 介護支援専門員。介護が必要な人のために、介護サービス計画(ケアプラン)を作成したり、介護に関する相談、市区町村との連絡調整、保険の給付管理などを行ないます。
ケアワーカー 高齢者などに食事・入浴・排泄などの日常生活の介護を行なう専門職です。ときには、心理的なケアを行なうこともあります。
経管栄養  障害や機能低下により、食物が口から摂取できない場合、胃または小腸まで細いチューブを挿入して流動食を投与すること。
経口摂取 口を通して栄養物などを体内に取り入れることを言います。
傾聴 個別援助活動等の面接において、サービス利用者に事由に話をさせ、援助者はその話をじっくり聴くという面接の基本的な姿勢のことです。
軽度生活支援事業 在宅のひとり暮らし高齢者等の自立した生活の継続を可能にするとともに、要介護状態への進行を防止するため軽易な日常生活上(掃除、買い物等)の援助を行います。
軽費老人ホーム 家庭環境、住宅事情などにより自宅で生活することが困難な高齢者のための、低料金で入所できる施設。
軽費老人ホームA型 65歳以上で、家庭環境や住宅事情などにより自宅で生活することが困難な高齢者が、低料金で入所できる施設です。A型は、食事のサービスを受けることができます。
軽費老人ホームB型 65歳以上で、家庭環境や住宅事情などにより自宅で生活することが困難な高齢者が、低料金で入所できる施設です。B型は、自炊し、日常生活は自分で行うことが原則です。
傾眠(けいみん) 意識障害(意識混濁)のひとつ。浅い催眠状態で、大声で呼ぶと目覚めますが、しばらくすると眠ってしまう状態です。
ケースカンファレンス 事例検討会。ケアプランを作成した後に、実際に利用者が介護サービスを受け、状態の変化、新しい課題、問題がないか、提供される介護サービスは適切かについて、事例を挙げてサービスに関わっている人が集まり検討する会議。
ケース・スタディ ある具体的な事実を取り上げて研究することで、一般的な原理・体系を探る方法です。
ケースワーカー 福祉施設や福祉事務所で相談業務に従事する人の総称。
ケースワーク サービス利用者の要望を聞いて状態を把握し、周りの環境の調整や相談援助など、適切な福祉サービスを提供する援助技術のことです。個別援助技術ともいいます。
下血(げけつ) 肛門や、胃腸などからの出血が便に混じること。黒色便は胃を経由して酸に反応している場合が多く、胃を経由していない場合は鮮血便となります。
結核 結核菌が引き起こす感染症。肺結核が多く、脊椎、リンパ節、腸、泌尿生殖器などにも病巣を作る。
血清アルブミン(けっせいあるぶみん) 肝臓で合成される、タンパク質の一種です。血液中を流れています。栄養状態の指標といわれ、血清アルブミンが減少すると、むくみが生じます。
血栓(けっせん) 血管の中で凝固した血液のことをいいます。脳の動脈に出来ると脳血栓となり、心臓の冠状動脈に出来ると心筋梗塞を引き起こします。
ケリーパッド 寝たきり高齢者の洗髪に用いられるゴム製の用具で、頭をパッド内に入れて洗髪し、汚水を一定方向に流すよう工夫されています。洗髪パッドとも言われます。
幻覚(げんかく) 実際には存在しないものが、あたかも存在するかのように感じること。幻視、幻識、幻臭、幻触、幻味などがあります。統合失調症、中毒性精神病、脳器質性精神病などを原因として起こるといわれています。
健康型有料老人ホーム 有料老人ホーム設置運営標準指導指針において示された有料老人ホームの一類型。
健康教育 老人保健法の医療等以外の保健事業の1つで、心身の健康についての自覚を高め、関連知識を啓発したり、普及するために行われる教育。市町村がおおむね40歳以上の居住者を対象に、保健学級等を開催している
健康寿命 私たち一人ひとりが生きている長さの中で、元気で活動的に暮らすことができる長さのことです。
健康増進法 急速な高齢化とがんや糖尿病に代表される生活習慣病の増加等に対応するため、健康診断の実施方法を統一したりする等、生涯を通じた健康管理のあり方等を規定した法律です。2002年7月に成立し、2003年5月1日に施行されました。
健康相談 心身の健康に関する個別の相談に応じ、必要な指導や助言を行うことです。実施主体は市町村であり、該当する市町村の40歳以上の者及び必要があればその家族等を対象とし、一般健康相談と重点健康相談を行います。
健康手帳 老人保健法の医療等以外の保健事業の1つで、40歳以上の者を対象として、市町村が交付する、健康診査等の記録、医療の受給資格、医療の記録、医療の記録の補足等の内容が盛り込まれている
健康日本21 21世紀において日本に住む一人ひとりの健康を実現するための、国民健康づくり運動です。
健康保険法 労働者の業務外の事由による保険給付を扱った法律です。健康保険には政府を保険者とする政府管掌保険、健康保険組合を保険者とする組合掌握保険組合があり、前者は健康保険組合のない中小企業の事業所を中心とし、後者は一定の従業員を持つ事業所が厚生労働大臣の許可を受けて設立したものです。
言語機能障害 医学的には、聞いて理解する、読んで理解する、聞いて模倣する、音読する、独自に話す、聞いて書く、見て書くなどの言語機能の障害として、失語症、構音障害、言語発達遅滞が定義されている
言語障害 構音障害といって、声を出したり発語するための動きや、調整が上手く行かなくなり、声が出にくい、声の大きさが不本意に変わる、声が震える、呂律が回りにくいなどの症状が現れる障害
言語聴覚士(げんごちょうかくし) 厚生労働省の免許を受けた国家資格。言葉によるコミュニケーションがとりにくい人に、機能回復訓練や指導、助言を行なう専門職です。
幻肢 既になくなってしまっているが、あたかもあるように感じられる手や足のことです。まだあるように感じることを幻肢感といい、幻肢痛といわれるひきつけるような、突き刺すような痛みをともなうことがあります。
健側(けんそく) 片麻痺がある人の、麻痺がない側のこと。
建築基準法第2条第9号 建物の耐火基準に関する法令です。2に規定する耐火建築物は、火災が発生した際も主要構造部の倒壊及び延焼が避けられるようになっています。3に規定する準耐火建築物は、耐火建築物ほどの耐火性能でなくても、防火上一定の耐火性能があると認めらている建物です。
幻聴(げんちょう) 幻覚の一種です。自分の悪口が聞こえるなど、実際にはない音が本人だけに聞こえてくること。統合失調症の人に多く見られます。
見当識 年月や時間、自分が今どこにいるかなど、基礎的な認識能力のことを指します。
見当識障害 時間、空間、他者や環境と自分との関係性、自分に関する情報などを認識する機能が低下している状態。認知症の主要な症状のひとつ。
現物給付(げんぶつきゅうふ) 現金ではなく現物で社会保険の給付を行なうことです。
 居宅介護(支援)サービス計画費、施設介護サービス費、福祉用具などを現物給付する場合があります。
健忘(けんぼう) 記憶障害のひとつで、代表的なものです。「逆向健忘」と「前向健忘」があります。「逆向健忘」は、健忘を発病した以前のことを忘れる症状です。「前向健忘」は、発病以降の出来事を忘れたり、新しいことが覚えられない症状のことです。認知症では前向き健忘が目立ちます。
健忘失語(けんぼうしつご) 失語症の一種です。たとえば、目の前のモノの使い方などはわかっていても、名前が思い出せない症状のことです。失名詞失語ともいいます。
権利擁護 自己の権利を表明することが困難な寝たきりの高齢者や、認知症の高齢者、障がい者の権利擁護やニーズ表明を支援し代弁することです。
降圧剤(こうあつざい) 高血圧症の方が用いる、血圧を下げる薬剤です。
更衣(こうい) 衣類や靴を替えること。身体を動かすので、高齢者にとっては新陳代謝を促す大切な行為とされています。
 衣服を着替え、昼と夜の区別をつけさせる意味合いもあります。
広域連合(こういきれんごう) 広域的な要望に応えるために、複数の地方公共団体が共同で事務処理を行なう特別地方公共団体です。
 介護保険においては、隣接する市区町村が財政面で基盤を確立し、サービス面を充実させるため、ひとつの保険者となる場合があります。
構音障害 特定の語音を正しく発音できない状態です。
高額医療費 老人医療制度において、同一の世帯に属する老人医療受給対象者が同一の月に保険医療機関等に支払った一部負担金の額が一定の金額を超える場合に、その超える額が支給される制度。
高額介護サービス費(こうがくかいごさーびすひ) 介護保険のサービスの自己負担金が一定の額を越えると支給される介護給付です。
高額居宅支援サービス費 居宅要支援被保険者が保険給付を受け、支払った自己負担額が一定額を超えた場合に支給される予防給付です。
高額療養費支給制度 病気やけがで医師にかかり、病院の窓口で支払った医療費の自己負担額が1か月ごとで世帯単位で定められた一定の限度額を超えた時に、超えた分を払い戻すという制度です。
高カロリー輸液(こうかろりーゆえき) 中心静脈に直接、点滴で注入して栄養素と水分を補給するための薬剤です。ブドウ糖、ビタミン、アミノ酸などが主な成分です。手術の後などで口から栄養が摂取できない場合や、経管栄養が困難な場合に用いられます。
後期高齢者 75歳以上の高齢者。
後期高齢者医療制度 高齢者の医療の確保に関する法律に基づき、高齢者の疾病、負傷または死亡に関して必要な給付を行う制度。
口腔(こうくう) 口のこと。消化器と呼吸器の入口です。嚥下や咀しゃく、声を発するという役割を持っています。
口腔(こうくう)ケア 歯や歯茎など、口の中を清潔に保つための手入れ。嚥下障害がある場合は、誤嚥性肺炎を予防し、QOLを向上させる効果がある。
高血圧症 塩分の過剰摂取が主な原因となる生活習慣病。正常な血圧値を超える人を指す。合併症として脳卒中や心臓病を併発する。
後見人 適正な財産管理や法律行為を行使できない者に対して、財産管理や監護をする人。
膠原病 内臓を含む全身に症状の出る自己免疫疾患の総称。関節リウマチ、全身性エリテマトーデス、強皮症などがある。
交互式歩行器 持ち上げることなく左右の支柱を交互に動かして前に進む歩行器です。
高脂血症 血液中のコレステロールや中性脂肪など脂質の量が通常より異常に多い状態を指します。
  一般的に高脂血症と呼ばれる場合は、総コレステロール値が220mg/dl以上、中性脂肪が150mg/dl以上、HDLコレステロールが40mg/dl未満となっています。
高次脳機能障害 交通事故や脳血管疾患(脳卒中など)により、脳損傷を経験した人が、記憶・注意・思考・言語などの知的な機能に障害を抱え、生活に支障を来たすことを言います。
後縦靱帯骨化症(こうじゅうじんたいこっかしょう) 脊椎の背側の靱帯が骨化し、神経の束が通っている脊柱管(脊髄が入っている管)が狭くなって、脊髄や神経を圧迫してしまう病気です。
拘縮 寝たきりなどにより、関節が固まって動きにくくなること。
更新認定 要介護認定有効期間、要支援認定有効期間の満了に伴い、引き続きその状態の継続が認められる場合に、申請によって行われる認定です。有効期間満了の日の60日前から満了の日までの間に申請を行う必要があります。
更生医療 身体障害者福祉法に基く福祉の措置として、市町村が行う身体障害者のための医療のことです。対象者は身体障害者手帳の給付を受けた者で、医療が必要と認められた者です。その給付内容は(1)診察、(2)薬剤または治療材料の支給、(3)医学的措置、(4)病院または診療所への収容、(5)看護、(6)移送で、本人又はその扶養義務者の負担能力に応じて費用徴収があります。
向精神薬(こうせいしんやく) 精神機能や行動に作用する薬物の総称です。中枢神経系に作用して効き目を発揮します。
更正相談所 身体障害者福祉法、知的障害者福祉法に基いて、都道府県が設置する障害者の専門相談・判定機関です。身体障害者厚生相談所、知的障害者厚生相談所がこれにあたり、前者については指定都市も任意に設置できます。
高専賃・高円賃 高齢者の入居を拒まない、及び専ら高齢者を対象とする賃貸住宅です。2011/10/20以降、高専賃・高円賃・高優賃は廃止され、サービス付き高齢者向け住宅に一本化されます。それ以降はサービス付き高齢者向け住宅、有料老人ホーム、もしくは一般賃貸住宅に切り替わります。
公的扶助 保険料等の負担を必要とせず、国または地方公共団体がすべて公費により行う公的救済のこと
行動異常(こうどういじょう) 社会のルールに反した行動のことをいいます。認知症の高齢者では、妄想・幻覚・徘徊・暴力・不潔行為などが見られます。
行動療法 精神医学療法の一つで、患者の現在の行動に着目し、考え方の癖、価値観などの「認知」のゆがみを修正することで行動をも修正する療法のことです。
更年期障害(こうねんきしょうがい) 性腺ホルモンの分泌機能が低下して起こる障害のことです。「身体がだるい」「やる気が起きない」などの症状のほか、のぼせ、ほてり、不眠、精力減退などの症状が見られます。
高齢化 総人口に占める65歳以上の割合が7%を超えた状態です。
高齢化社会 総人口に占める65歳以上の割合(老年人口比率)が高くなっている社会のことです。日本の高齢化社会の始まりは1970年とされています。
高齢者 一般的に65歳以上の者を言います。
高齢者、障害者等の移動等の
円滑化の促進に関する法律
高齢者や障害者等の移動上および施設の利用上の利便性、安全性の向上の促進を図り、公共の福祉の増進に資することを目的とする法律。
高齢者円滑入居賃貸住宅 高齢者を理由に入居を拒まないことを条件とした賃貸住宅。
高齢社会 総人口に占める65歳以上の人口の割合が14%を超えた社会をこう呼びます
高齢社会NGO連携協議会 1998年10月に設立された「高齢者NGO連絡協議会」(高連協)は、「国際高齢者年」の終了をもって2000年に解散し、同年それを引き継ぐ形で設立されました。「高齢社会への対応対策の推進を目的とする我が国のNGO活動のために必要な連携を図り、国内外の活動拠点としての役割を務める」ことをその目的としています。
高齢者虐待 高齢者に対して行なわれる虐待行為です。
  主に、殴る、叩くなどの身体的虐待、裸にさせるなどの性的虐待、暴言や恫喝など言葉による心理的虐待、年金や生活資金の搾取などによる経済的虐待、介護放棄などによるネグレクトの5種類に分類されます。
高齢者居住法 高齢者が安心して優良な賃貸住宅に住み続けられるための措置などについて定めた法律で、2001年8月5日に施行されました。正確には「高齢者の居住の安定確保に関する法律」と言います。高齢者の入居を拒まない民間賃貸住宅の登録・閲覧制度の創設、バリアフリーなど、高齢者向けの賃貸住宅の建築・改良を支援する、終身建物賃貸借・期限付死亡時終了建物賃貸借の契約の創設を三つの柱としています。
高齢者住宅 手すりやエレベーターなどを設置し、お年寄りが安心して生活できるようにしたケア・サービス付きの住宅です。
高齢者生活福祉センター  過疎地等の指定市町村の独居や要援護老人(65歳以上)向けの介護支援で、安心でき、交流の機会など総合的に備えた小規模の複合施設です。新ゴールドプランにおける施設サービス整備目標の一つです。
高齢者世帯 65歳以上の者のみで構成するか、又はこれに18歳未満の未婚の者が加わった世帯をいう。
高齢者専用賃貸住宅 高齢者の入居を拒まない高齢者円滑入居賃貸住宅のうち、高齢者を賃借人とする賃貸住宅を指す。
高齢者総合人材センター 高齢者や家族が抱える健康、就労、年金、介護等に関する困り事、心配事を解決するため各種情報を収集、整理し、電話相談、面接相談、情報提供等を行います。各都道府県に1か所設置されており、プッシュホンで「#8080」を押せば日本全国どこからでも無料で地域のセンターにつながるようになっている
高齢者総合相談センター  高齢者及びその家族が抱える心配事、悩み事を解決するために各種情報を収集・整理し、電話相談、面接相談に応じる他、福祉機器の展示なども行っています。シルバー110番とも言われます。各都道府県に1ヶ所設置されており、「#8080(ハレバレ)」を押せばセンターにつながります。
高齢者の居住の安定確保に関する法律 高齢者の居住の安定確保を図り、その福祉の増進に寄与することを目的とする法律。
高齢者福祉計画 老人福祉法に基づき策定されるものです。
  高齢者福祉事業全般に関わる内容となっており、主にサービス供給体制の確保などが定められています。
高齢者福祉施設 デイサービスセンター、老人短期入所施設、養護老人ホーム、特別養護老人ホーム、軽費老人ホーム、老人福祉センター及び老人介護支援センターのことです。
高齢者保健福祉計画 高齢者が健康で生きがいをもって生活を送り、社会において積極的な役割を果たし、活躍できる社会の実現を目指し、また要援護状態となっても、高齢者が人としての尊厳をもって、家族や地域の中で、その人らしい自立した生活が送れるよう支援していく社会の構築を目指すことを基本的な政策理念としています。そのために、 福祉保健サ-ビスの基盤整備や質の向上、 地域ケア体制の構築などを行います。
高齢者保険福祉推進十か年戦略(ゴールドプラン) 21世紀の高齢化社会を国民が健康で生きがいをもち安心して生涯を過ごせる社会としていくため、日本の高齢者保健福祉の基本方策について数値目標を含め提起したもので、1989年(平成元年)12月に厚生・大蔵・自治3大臣の下で策定された高齢者保健福祉10ヶ年戦略。
高齢者向け住宅 高齢者向けに建設・運営されている住居施設のうち、有料老人ホーム、高齢者円滑入居賃貸住宅、高齢者向け優良賃貸住宅、高齢者専用賃貸住宅、シニア住宅のいずれにも該当しないマンションや施設などの総称。
高齢者向け賃貸住宅 「高齢者の居住の安定確保に関する法律」に基づき、国が事業者(都市機構)に対して整備費補助および家賃負担の軽減のため、補助を行う制度を取り入れた賃貸住宅です。高齢者が安心して住めるよう、一定以下の所得の者に対して家賃負担を軽くする措置がとられたり、万一の場合(事故、急病、負傷)、提携民間事業者に通報する緊急時対応サービスを利用することもできます。
高齢者向け優良賃貸住宅 高齢者専用賃貸住宅のうち、バリアフリー化など高齢者にとって良好な居住環境を備えているとして都道府県知事の認定を受けたもの。
高齢世帯生活援助員 被災高齢者等への見守りの充実を図るために設置されたもので、、高齢者等への支援に重点をおき、生活に関する相談への対応や一時的な家事援助等を行います。
誤嚥 嚥下機能の低下で、食べたり飲んだりしたものが、咽頭や気管のほうへ流れこむこと。
誤嚥性肺炎 嚥下機能の低下で、食べたり飲んだりしたものが、咽頭や気管支のへ流れこむために起こる肺炎。
コーディネーター 複数の関係者や組織の間に立って、課題を遂行する協力体制を組み立てる際に中心的な役割を果たす者です。権限を背景とする垂直的な関係を前提に行われる場合と、同等な権限をもつ組織や職種の間で行われる場合とがあります。サービス利用者の立場に立って、サービスの調整を行うことが重要視されています。
ゴールドプラン 政府が1989年に発表した「高齢者保健福祉推進十ヵ年戦略」のことです。具体的には、21世紀の本格的な高齢社会に向け、住宅福祉、市町村中心、民間活力の導入を重点とした高齢者福祉対策です。
ゴールドプラン21 「今後5ヶ年間の高齢者保健福祉施策の方向」のこと。介護保険制度が始まる2000年(平成12)4月から5ヶ年間の高齢者の保健福祉施策の充実を図った計画。
呼吸機能障害 空気を取り込む呼吸器の機能低下により、必要な酸素を体内に取り入れる能力が低下した状態を言います。
国際標準化機構 1946年にロンドンで組織された、「製品サービス」などの世界的な規格統一を目的と標準化を推進している団体のことで、ISOの略称です。
国民健康保険団体連合会 国民健康保険の診療報酬の審査支払い業務や、介護保険の介護報酬の審査支払い業務など行う団体。国保連と略される。
個人情報保護法(こじんじょうほうほごほう) 個人の情報の流出や転用を防ぐ為に、事業者にデータ管理を徹底させる法律です。2003年公布、2005年施行。
骨粗鬆症 骨量の減少により、骨微細構造の破綻をきたし骨強度が低下する全身疾患。骨がもろくなり、骨折しやすくなる。
骨密度検査(こつみつどけんさ) レントゲンや超音波で、手やかかとの骨などの骨密度を測定することです。
コミュニケーションエイド  言語障害、視覚障害、聴覚障害を持っている者や重度身体障害者が社会参加に必要なコミュニケーション(意思の伝達)がとれるように、電話に文字変換装置、パソコン通信などに音声変換装置、椅子に文字盤をつけるなど機能補助をした福祉機器を指します。
5年生存率(ごねんせいぞんりつ) がん治療から5年を経過した後の生存率のこと。がんの種類によっては、5年以内に再発しなければ治ったと考えてもよいといわれます。
個別援助活動 個別援助技術を持って援助を必要とされる個人・家族に対して行われる社会福祉固有の援助活動をいい、ケースワークにおける活動部分をいう。この活動を実施するためには、援助者の実践の場に応じて法律学、医学、倫理学、家族社会学、心理学等の知識と技術が求められる。
個別援助技術 ソーシャル・ケース・ワークともいう。援助者は、利用者の持つ様々な問題に対して利用者との信頼関係・援助関係を持って、社会資源の導入を行いながら、問題解決をめざす社会福祉の援助技術である。
コミュニケーションエイド 文字キーを押すと音声が出る「トーキングエイド」や、指差しで筆談ができるボードなど、言語障害者や聴覚障害者が意思を伝達できるように開発された福祉用具です。
コミュニティ 居住地域を同じくする共同体ことで、通常、地域社会といわれている。
コミュニティーワーカー 福祉倫理に基づく人格のもとに、社会福祉に関する専門的知識を有し、地域援助技術等を活用して、地域援助に当たる専門職者。
コミュニティケア 社会福祉援助技術の1つで、ホームケアやグループケアなど人問的関係での援助を効果的に展開するための諸制度や環境(人問・杜会・自然)などの社会資源の整備・調整のこと
コミュニティワーク 地域社会において地域住民の福祉ニーズの把握、福祉サービスの開発や連絡・調整などを行う援助技術
コレクティブハウジング  援護や介護を必要とする高齢者が一緒に生活をする住宅や、シニア世代が高齢期に備えてともに暮らす住宅などのことで、家族などに限らず同じような状況や考え方をもつ個人同士で個々の入居者の自由と自立を尊重しつつ一緒に住む住宅のことです。
昏睡(こんすい) 意識障害のうち、最も高度なもの。完全に意識がなくなり、刺激にまったく反応しない状態を指します。
昏睡体位(こんすいたいい) 呼吸しやすく、舌根沈下を防ぎ、窒息の心配がない体位。右側を下にした体位の方が、胃が下になり嘔吐しにくくなる。
コンチネンス 失禁を克服することです。