『介護職でガンバル!ための介護職専門の求人情報サイト』
【かいごのひと】

ログイン

介護用語集【た行】

名称 解説
ターミナル・ケア 主に痛みの緩和などを中心に行われる、終末期の医療、看護、介護。
体位変換 寝たきり状態の同一体位の継続による苦痛や疲労を予防するため、自力で体位を変えられない状態にある人の体位を変えてあげること。
第1号・第2号被保険者 介護保険制度では、被保険者や保険料を1号・2号と分類しています。65歳以上の方は1号被保険者、40歳から65歳未満までの方は2号被保険者となります。
第1号被保険者 介護保険制度の被保険者のうち、65歳以上の人を指す。
体位変換(たいいへんかん) 自力で寝返りできない人のために介助すること。
 床ずれや内臓の機能低下を防ぐために行なわれます。
体幹機能障害 肢体不自由は、大きく三分して(1)上肢障害、(2)下肢障害、(3)体幹機能障害とに分けられます。体幹とは胴体を指しています。
体験入居 老人ホームなどへ、1日あるいは数日入居し、実際の生活を体験し、今後そのホームへ入所するか否かを決定する。
第三者評価機関(だいさんしゃひょうかきかん) 中立的な立場で評価をする機関。サービスを受ける人でも、提供するサービス事業者でもない者が評価にあたります。
対人社会サービス 社会福祉制度を通じて、利用者に提供されるソーシャルサービスの中で、対人関係をもとに提供されるサービスのことです。具体的には相談援助活動とか介護援助がこれに当たります。パーソナル・ ソーシャル・サービスの訳ですが、対人福祉サービスともいわれています。
大腿骨頚部骨折(だいたいこつけいぶこっせつ) 高齢者の大腿部骨折の大半を占めています。大腿部の股関節に近い部分が骨折して起こります。
第2号被保険者 介護保険制度の被保険者のうち、40歳以上、65歳未満の人を指す
宅老所 介護保険外の民間独自の福祉サービスを提供している小規模な老人施設のこと。運営母体は民間や市区町村などさまざまです。
脱健着患(だっけんちゃっかん) 衣服の着脱介助を行なう際の原則として、上肢や下肢に麻痺や障害があって自由に動かせない時は、健側から脱がせ、患側から着せる。介護福祉士講座では脱健着患についてしっかり学びます。
脱水(だっすい) 体内の水分が欠乏した状態をいいます。特に高齢者は脱水症状になりやすく、こまめな水分補給が重要です
タッピング 手のひらをカップ状に丸め、背中を軽くトントンと叩くことです。気道に詰まった分泌物の排出を促します。
他動運動 間接可動域訓練の一つで、介護が必要な高齢者・障害者等身体の中で動かしていない部分を、他者が動かすこと。拘縮や麻痺があり、ふだん動かしていない関節を動かすことで、マッサージ効果による血行がよくなり、機能維持・機能低下の防止、廃用性症候群の予防等の効果が期待できる。
短期入所 ショートステイのこと
短期入所生活介護(たんきにゅうしょせいかつかいご) ショートステイのことです。
 食事や入浴などの介護やリハビリテーションを受けるために、介護老人福祉施設などに短期間入所すること。介護保険の給付対象となる居宅サービスのひとつです。
短期入所療養介護 介護保険法における居宅介護のひとつ。要支援、要介護者が介護老人保険施設、介護療養型医療施設、療養型病床群を有する医療機関に短期間入所し、必要な医療、機能訓練、日常生活上の世話などを受けるサービス。
短期入所療養施設(たんきにゅうしょりょうようしせつ) 医療型ショートステイのことです。
 医師などの管理のもと、介護老人福祉施設などに短期間入所し、介護やリハビリテーションを提供します。居宅サービスのひとつです。
たん吸引 筋萎縮性側索硬化症、人口呼吸器を付けているなどの理由でたんを飲み込むことができない場合、人工的にたんを吸引する行為。
端座位(たんざい) 足を下ろして座った姿勢。椅子に座ったときの状態です。
段差解消(だんさかいしょう) 段になった場所に台を置いて、その差を小さくしたり、なくすこと。
 玄関の上がりかまちには、足がしっかり乗せられる広めの台を置くなどして工夫します。
段差解消機 利用者が安全で負担なく、車椅子に乗ったまま数センチから2m程度の段差を昇り降りすることを可能とする福祉機器です。据え置き型と移動可能の可般型の2種類があります。
短期入所 老人短期入所施設、特別養護老人ホームなどの福祉施設に短期間入所し、在宅の寝たきり老人を世話する介護者に代わって一時的に保護するサービス。
チアノーゼ 肺機能低下による換気拡散障害、ヘモグロビン血症などにみられる症状です。血液中の酸素が欠乏し、皮膚や唇、爪などの色が青紫色になります。
地域型支援センター 老人福祉法では老人介護支援センターとして規定される、地域高齢者の実態把握、サービス基本台帳の整備、介護予防サービスの利用支援、在宅介護の方法などの指導、助言、相談を行うところ。
地域緊急通報システム ひとり暮らしの高齢者等の世帯に設置された緊急通報装置と結ぶ受信センターを在宅介護支援センター等に整備し、急病等の緊急時に迅速な対応を行うとともに、協力員等との連携のもとに安否確認等の福祉的対応を行い、孤独感、不安感の解消を図るシステム。
地域支援事業(ちいきしえんじぎょう) 地域包括センターの事業のひとつで、高齢者が地域でいきいきと暮らせるための支援を行なっています。
 要介護認定で認定されなかった人や、介護保険対象外の人に対して行なわれる支援のことです。
地域における公的介護施設等の
計画的な整備等の促進に関する法律
地域において介護給付等対象サービスを提供する施設・設備の計画的な整備を促進することを目的とする法律。
地域福祉計画 住民の福祉の向上のため、行政や社協、住民が必要な施策や事業・活動を総合的に進める計画のことです。コミュニティプランニングとも言います。
地域包括支援センター  介護で困った事や問い合わせの窓口となる事業所です。
地域密着型介護サービス(ちいきみっちゃくがたかいごさーびす) 地元で利用できるように設置された介護サービス。1:認知症対応型通所介護2:認知症対応型共同生活介護3:小規模多機能型居宅介護4:認知症対応型共同生活介 5:夜間対応型訪問介 6:地域密着型介護老人福祉施設入居者生活介 以上の6種類があります。
地域密着型介護サービス費 介護保険制度において、要介護被保険者が市町村の指定する地域密着型サービス事業者から地域密着型サービスを受けた場合に支給される介護給付。
地域密着型介護予防サービス(ちいきみっちゃくがたかいごよぼうさーびす) 地元で利用できるように設置された介護予防のためのサービスです。 1:介護予防認知症対応型共同介護 2:介護予防小規模多機能型居宅介護 3:介護予防認知症対応型通所介護以上の3種類があります。 2006年4月の介護保険法の一部改正から施行。
地域密着型サービス  在宅でも施設でもない第3類型であり、施設サービスのように医療圏ごとに整備数を設置するのではなく、市町村という生活圏域内にサービス拠点を整備するというものです。
地域密着型予防サービス 住み慣れた地域で要支援者の生活を支えることを目的として、平成17年の介護保険法の改正により新たに設けられたサービス。
チームアプローチ 複数のメンバーがそれぞれに役割を果たしながら目標達成を目指すことです。一般的にはチームワークともいいます。
チームケア 医師、看護師、保健師、社会福祉士、介護福祉士、理学療法士、作業療法士、ホームヘルパー、民生委員、ボランティアなど、様々な専門家や関係者がチームで対象者のケアにあたること。
知的障害 知能が未発達の状態で、環境の変化や学習・社会生活へ適応する能力に障害があることです。先天性または発達早期の脳障害によって知能障害となる精神遅滞と、正常な脳の器質障害や持続的な知能低下による痴呆に区分されます。
痴呆症(ちほうしょう) 現在は認知症といいます。
中心暗転 視野中心部が見えなくなってしまう状態のこと。見ようとする部分は見えないが、その周辺は見える。
中心静脈栄養 食物を口から摂取できない人が、鎖骨下部、頚部、大腿部の太い静脈からカテーテルを大静脈まで挿入し、濃度の高いブドウ糖液の投与で必要な栄養を補給すること。
チューブ栄養(ちゅーぶえいよう) 経管栄養ともいいます。口から栄養をとれない人に、身体の外から消化器管にチューブを通し流動食を送ることです。
超高齢社会 65歳以上の高齢者の占める割合が全人口の21%を超えた社会。
長座位(ちょうざい) 上体を起こして足を投げ出した座り方。
長寿社会開発センター 老人の心身の健康の保持を図ることを目的として厚生労働大臣に指定された指定法人。
長寿社会福祉基金 高齢者保健福祉推進10か年戦略(ゴールドプラン)に設置が掲げられているもので、主として、在宅福祉・在宅医療事業の支援、高齢者の生きがい・健康対策の推進、の振興を図るため、700億円の基金を設置するというものである。
調整交付金 市町村問の財政力の格差を調整するために国が交付するもの。
直腸機能障害 主に排便障害のことです。人工肛門に伴う直腸機能障害は身体障害者手帳の交付対象となります。
賃貸方式 居住の権利形態の一つで、一般の賃貸住宅と同様に、家賃相当額を月払いする方式です。
対麻痺 両足がマヒすることです。
通所介護(つうしょかいご) デイサービスのことで、居宅サービスのひとつです。
 要介護者が食事、入浴、ADLの訓練などを介護老人福祉施設などで受けられます。
通所リハビリ  デイケア。身体機能を回復させるリハビリを専門施設に短時間依頼できるサービスです。
通所リハビリテーション 精神症状や問題行動が激しい痴呆性老人を対象とするデイ・ケアで、生活機能の回復への訓練や指導、家族に対する介護指導をする。
杖歩行(つえほこう) 杖は、手に持って体を支える歩行補助具です。歩行を安定させ、転倒を防ぐ機能があります。
デイケア 在宅の要介護者・要支援者が介護老人保健施設や医療機関で、心身の機能回復を目的に、理学療法などのリハビリテーションを行うことです。
デイサービス 通所介護。日帰りで、専門施設に短時間介護を依頼できるサービスです。
デイホスピタル 在宅で介護されている患者に、昼間の間だけ治療やリハビリテーションを行う医療施設。
適合高齢者専用賃貸住宅 高齢者専用賃貸住宅のうち、入浴、排泄や食事等の介護、食事の提供、洗濯等の家事または健康管理を行い、床面積が25平方メートル以上であることや台所、水洗便所などの設備を備えたものであること等、厚生労働大臣が定める基準を満たしているとして都道府県知事に届け出ている住宅。
摘便(てきべん) 介助者が直腸内に手指を入れて便を摘出することです。自力で排便ができないときに行います。
手続き記憶 技能を繰り返し経験、練習することにより、その操作の規則性を学習、獲得するものです。
伝音性難聴(でんおんせいなんちょう) 末梢聴器である伝音器(外耳道・中耳・耳小骨)病変による聴覚の障害。
電動車いす バッテリーで充電して電気の力で動く車いすのこと。
透析 急性、慢性腎不全の治療法で、尿素などの血液中の有害物質や過剰な水分の除去、電解質の調整を、腎臓に代わり行う。
糖尿病 インスリンが欠乏し、慢性的に血糖値が高くなった状態。1型糖尿病(インスリン依存型)と2型糖尿病(非依存型)とあり、糖尿病患者の多くは、過食、ストレス、運動不足を原因とする生活習慣病である2型。
糖尿病性神経障害 介護保険上の特定疾病のひとつです。糖尿病性網膜症、糖尿病性腎症とともに、糖尿病の3大合併症といわれています。
糖尿病性腎症 介護保険上の特定疾病のひとつです。糖尿病性網膜症、糖尿病性神経障害とともに、糖尿病の3大合併症といわれています。
糖尿病性網膜症 介護保険上の特定疾病のひとつです。糖尿病性神経障害、糖尿病性腎症とともに、糖尿病の3大合併症といわれています。
動脈瘤(どうみゃくりゅう) 動脈の内腔の一部が異常に拡大し、こぶ状になった状態。動脈硬化などによって起こります。多くは大動脈で発生しますが、脳動脈で発生すると脳出血またはクモ膜下出血の原因になります。
登録訪問介護員 登録ヘルパーともいいます。自分が働ける曜日や時間を登録して業務を行う非常勤ヘルパーのことです。
特定施設 都道府県により、特定施設入居者生活介護サービスの指定を受けた有料老人ホームや軽費老人ホーム(ケアハウス)。利用者は特定施設入所者生活介護として、居宅サービスの給付対象になる。
特定施設入居者生活介護(とくていしせつにゅうきょしゃせいかつかいご) 介護保険の指定を受けた介護対応型軽費老人ホームや有料老人ホームの入所者のうち、要支援以上の人を対象にしたサービスのことです。
特定疾患 介護保険では特定疾患として以下の症状が対象とされています。1.初老期の痴呆 ・ アルツハイマー病 ・ 脳血管性痴呆 2.脳血管疾患 ・ 脳出血 ・脳梗塞 3.脳萎縮性側索硬化症(ALS) 4.パーキンソン病 5.脊椎小脳変性症 6.シャイ ・ ドレーガー症候群 7.糖尿病性の(腎症 ・ 網膜症 ・ 神経障害 ・ 糖尿病の合併症) 8.閉塞性動脈硬化症 9.慢性閉塞性肺疾患 ・ 肺気腫 ・ 慢性気管支炎 ・ 気管支喘息 10.両側の膝関節または股関節の著しい変形を伴う変形性関節症 11.慢性関節リウマチ 12.後縦靭帯骨化症 13.脊柱管狭窄症 14.骨折を伴う骨粗鬆症 15.早老症(ウェルナー症候群等) 
特定疾病 介護保険法で定められた、加齢に伴って生ずる心身の変化に起因する16種類の疾病
特定入所者介護サービス費 介護保険制度において、所得の低い要介護者が施設サービスなどを利用した場合に係る食費・居住費の負担を軽くするために支給される介護給付。
特定非営利活動促進法 特定非営利活動を行う団体に法人格を付与すること等により、ボランディア活動をはじめとする市民が行う自由な社会貢献活動としての特定非営利活動の健全な発展を促進し、公益の増進に寄与することを目的とする法律。
特定福祉用具 排泄や入浴などに関わる、衛生上レンタルが困難な福祉用具。
特定有料老人ホーム 養護老人ホーム、特別養護老人ホームまたは軽費老人ホームを運営する社会福祉法人が、既存の施設機能の有効活用を前提として設置運営する小規模の有料老人ホーム。
特別養護老人ホーム 老人福祉法に基づく老人福祉施設の一種。65歳以上であって、身体上または精神上の著しい障害のため常時介護が必要で在宅生活が困難な寝たきり高齢者等を入所させて、入浴、排泄、食事等の介護、相談および援助、社会生活上の便宜の供与その他の日常生活上の世話、機能訓練、健康管理および療養上の世話を行うことを目的とする施設。
特別徴収 第1号被保険者の保険料を、年金から天引きする徴収法。
特別養護老人 老人福祉法に基づき、身体上または精神上著しい障害があるために常時介護を必要とする高齢者を入所させて、養護する施設。設置主体は地方公共団体および社会福祉法人。
特別養護老人ホーム(とくべつようごろうじんほーむ) 老人福祉施設に規定された介護施設。
 65歳以上の要介護者のうち、身体または精神上、顕著な障害があり、在宅介護が困難な人を対象にしています。
特養 重度の介護状態の方が対象の、介護保険サービス付き施設です。通常型と地域密着型に分けられます。
特例居宅介護サービス費 居宅要介護被保険者が、要介護認定の効力が生じる前に緊急に指定居宅サービスを受けたときに支給される費用のことです。サービス利用者の方は、まず全額を事業者に支払い、その後市区町村に申請し、サービス費の9割が戻ってくるという償還払い方式で利用料を支払うことになります。
特例居宅支援サービス費 居宅要支援被保険者が、要支援認定の効力が生じる前に指定居宅サービスを受けたときに支給される費用
床ずれ 褥瘡。長期間の臥床等により体の骨張った部分に持続的な圧迫が加わり、血液の循環障害を生じて組織が壊死すること。
特記事項(とっきじこう) 介護保険の認定調査で用いられる項目のひとつ。
 認定のための基本調査を補うために面接を行い、定められた調査項目だけでは被保険者の状態を十分説明できない場合、補足事項と特別な医療について記入する特別な項目です。
独居老人(どっきょろうじん) 一人で暮らす高齢者のことです。
盗られ妄想(とられもうそう) 認知症などの高齢者が、介護者などにお金や物を盗まれたと訴える妄想のことです。
トランスファー 車いすから便器に移乗したり、ベッドから車いすへ移乗することをいいます。
トリガー 引き金、すなわちある作用を引き起こす原因やきっかけのことです。
とろみ 飲みものや汁ものにあんなどをからめ、粘りを持たせて飲みやすくすることです。飲みほすことが難しい人のために作ります。