『介護職でガンバル!ための介護職専門の求人情報サイト』
【かいごのひと】

ログイン

介護用語集【ま行】

名称 解説
マッピング 一般的には物事の全体像を表す図式のことをいいます。介護活動においては、利用者を中心に家族や社会との関係を図で表し、問題解決に役立てます。
慢性関節リウマチ 介護保険法上の特定疾病のひとつ。慢性的かつ多発的に関節機能の低下が起こります。
慢性閉塞性肺疾患 介護保険で認定されている特定疾患のひとつ。慢性気管支炎や肺気腫などによって起こる疾患。
慢性閉塞性肺疾患(COPD)(まんせいへいそくせいはいしっかん(しーおーぴーでぃー)) COPD、別名たばこ病と呼ばれます。慢性気管支炎と肺気腫の 2 つの病気の総称です。患者の90%は喫煙者で、それ以外の発症はまれです。たばこを吸う量の多い人ほど早く発症します。 
マンパワー 人的資源。人口の高齢化が急速に進展し、保健医療・福祉の需要が増大する中で、サービスの担い手である保健医療・福祉の分野のマンパワーの果たす役割はますます重要なものとなっており、その質量両面における一層の充実が強く望まれている。
ミーンズ・テスト 一般的には公的扶助制度において、わが国の場合は生活保護法に基づいて、申請者の受給資格を判定するために行われる調査のこと。
ミキサー食 咀嚼力、嚥下力の低下により普通の食事が困難な人に対する食事で、咀嚼力に合わせてミキサーにかけた食事。
民間介護保険 生命保険会社や損害保険会社等が取り扱っている私的な保険商品です。
民間非営利組織 NPO。民間非営利組織といわれ、社会福祉協議会、ボランティア団体、福祉公社、協同組合等営利を目的としない団体を指す。
民生委員(みんせいいいん) 生活に困窮した人の保護・指導をしたり、地域住民の生活状況把握や、相談・援助にあたるボランティアのことです。都道府県知事の推薦を受け、厚生労働大臣が委嘱します。任期は3年です。
無低老健事業 生活困難者に対して、無料または低額な費用で介護保険法に規定する介護老人保健施設を利用させる事業の通称。
メタボリックシンドローム 内臓脂肪症候群ともいいます。肥満症、高血圧症、高脂血症などの生活習慣病を引き起こす要因とされています。お腹まわりが男性で85㎝以上、女性で90㎝以上が診断基準のひとつになっています。
MRSA(メチシリン耐性黄色ブドウ球菌) 黄色ブドウ球菌の一種で、耐性遺伝子(抗生物質が効かない遺伝子)を持っている細菌。
メディカルソーシャルワーカー 医療ソーシャルワーカー。医療機関や保健施設、在宅支援センターなどに勤務する福祉専門家。病気やケガによる患者の社会、経済、心理的悩みの相談、問題の解決に向けて手助けをしてくれる。
メニエール病(めにえーるびょう) フランスの医師メニエールが証明した病気で、内耳にむくみが起こり発症します。突然、めまいが起こり、耳鳴り、吐き気、嘔吐をともないます。
免疫 特定の病原菌等に対し、生体が反応し、抵抗力を獲得する現象のこと。
面接調査(めんせつちょうさ) 介護保険認定のために、調査員が本人に面接して、本人の状態などを調査する方法です。
 認定の際は、必ず面接のために訪問することになっています。
メンタルヘルス 精神障害の予防・診断・治療を行い、こころの健康を保つために行う活動のことです。
妄想(もうそう) 空想の世界を自分で作り上げ、事実と思いこむことです。統合失調症やうつ病、認知症の人に見られる症状です。
燃え尽き症候群 バーンアウト・シンドロームともいいます。理想に燃えて物事を進めていた人が失敗感や疲労感がもとで自己嫌悪、抑うつ、無気力、不眠、仕事拒否などになってしますことです。中年期、壮年期に多い適応障害です
モジュラー車いす モジュラー車いすとは、車いすの各部品が単元化されており、これらの部品を目的によって選択、調整し組み立てられる車いすを指す。
モチベーション 積極的に行動を起こす原動力のことです。動機付けともいいます。行動を起こして、持続し、目標に向かわせる過程のことを指すこともあります。
モニタリング 実際にサービスが実施されたあと、援助内容が妥当であるかどうか、または効果があったかどうかについて評価・検証すること。
問題解決過程 H,パールマンによって体系化された個別援助技術の過程。援助の目標をサービス利用者と援助者との問で確認された問題解決に定め、人問関係や生活環境への不適応を解決するための援助を行うことをいう。
問題行動 認知症高齢者などが起こす、徘徊、失禁、乱暴、不潔行為、異食などの特異な行動のこと。